トレンド

[北欧ファン必見] 実は知らない北欧出身の人気アーティスト

こんにちは!

みなさんは海外アーティストの曲を聴きますか?

洋楽だけではなく、他の言語の曲でも日本で有名なものはたくさんありますね。

海外アーティストの有名な曲は聴くけれど、

誰が歌っているのかは分からないという人もいると思います。

かなりのファンでない限り、海外アーティストのことを詳しく調べたりはしませんよね。

有名な海外アーティストの曲というとほとんどが英語の歌詞のため、

出身はアメリカ?イギリス?と勝手に想像してしまいがちですが、

実は英語圏以外の国出身のアーティストもたくさんいます。

 

そこで今回は北欧に留学していた私が、

「北欧の人気アーティスト、私のおすすめアーティスト」についてご紹介します!

 

え、このアーティストは北欧出身だったのかだったのか!

とびっくりするかもしれません。

北欧をもっと身近に感じてみてくださいね。

 

北欧おすすめアーティスト <デンマーク編>

Lukas Graham (ルーカス・グラハム)

まず初めに紹介するのは Lukas Graham (ルーカス・グラハム)

コペンハーゲンの中のクリスチャニアという自治区で結成されたソウルポップバンドです。

メンバーはみな幼なじみなんだとか。

彼らを一躍有名にした曲は、全世界が泣いた曲として有名な「7 years 」

Youtubeの再生回数はなんと10億回を超えています。

日本語の歌詞がついた動画を載せたので、ぜひ見てみてください。感動注意です。

このバンドのおすすめの理由は、耳に残るメロディーとボイス、そして力強い歌詞です。

特に7yearsの歌詞には注目してみてくださいね。

今後の活躍から目が離せません!

 

MØ(ムー)

次に紹介するのはMØ(ムー)

オーデンセ出身の女性シンガーソングライターです。

MØはメジャー・レイザーとDJスネイクによる「Lean On(リーン・オン)」に

フューチャリング・アーティストとして参加し他ことで、大きな話題となりました。

みなさんも一度は耳にしたことのある曲ではないでしょうか。

Youtubeの再生回数はなんと28億回

彼女自身の曲「Final Song」なども再生回数1億回を超えています。

彼女の特徴的な少しエキゾチックな声にどんどん引き込まれてい句こと間違いなし!

是非聴いてみてくださいね。

 

北欧おすすめアーティスト <スウェーデン編>

Avicii (アヴィーチ)

スェーデンといえばDJ「Avicii(アヴィーチ)」!

首都のストックホルム出身です。

クラブミュージックには欠かせない曲の数々。

享年28歳という彼の短すぎる人生を終えた今でも、

日本のみならず世界中で絶大な人気がありますね。

Wake Me Up はの再生回数は20億回にせまります。

みなさんも聴いたことのある曲ばかりなのではないでしょうか。

自然と体が動き出してしまうリズムがたまりませんね!

 

Zara Larsson(ザラ・ラーソン)

次はこの方。Zara Larsson(ザララーソン)

ストックホルム出身のポップ女性シンガーです。

彼女の人気曲は「Lush Life」。Youtubeの動画再生回数は6億回以上。

現在22歳の彼女は、2012年にデビューして以来、

2015年からは世界を舞台に活躍しています。

若くして大人気となったザララーソンは、抜群の歌唱力と美貌の持ち主です。

世界で最も美しい顔100人に選ばれたこともあるんだとか。

力強い彼女の声はとても魅力的です!

 

北欧おすすめアーティスト <ノルウェー編>

Alan Walker   (アラン・ウォーカー) 

DJ・音楽プロデューサーとして世界中で知られるAlan Walker(アラン・ウォーカー)!

イギリスで生まれましたがノルウェー人の母を持ち、

幼い頃からノルウェーで暮らしているそう。

大ヒットとなった「Fade」は、28億もの再生回数をほこります。

彼は黒いマスクをしているのが特徴的で、

ファッションの一部として彼のイメージになってい流のではないでしょうか。

マスクで平等を表しているのだとか。

なんだか素敵ですね。

日本では、櫻井翔主演映画『ラプラスの魔女』の主題歌

になったことでも有名になりました。

ぜひ彼の音楽を聴いてみてください!

 

Marcus & Martinus (マーカス&マルティネス)

ノルウェー発の双子ユニット、Marcus&Martinus(マーカス&マルティネス)

世界中で活躍する、現在18歳若き北欧ボーイズです。

デビュー当初はノルウェー語の曲を歌っていましたが、現在は英語の曲がほとんど。

サビが歌いやすく、どれも耳に残って離れないキャッチーなものばかりで、

一度聞いたら忘れられなくなりますよ

動画は4年ほど前のものでノルウェー語の曲です。

言語に関係なく口ずさんでしまうメロディーですが、

特にノルウェー語ってどんな感じなのかな〜と興味のある人は是非みてくださいね!

これからの成長と活躍が楽しみです!

 

さいごに

いかがでしたか?

今回は厳選して紹介しましたが、

北欧出身の人気アーティスト、実はたくさんいるんですね。

英語は世界の共通語ですので、世界には英語の曲がたくさんありますが、

非英語圏出身のアーティストもたくさんいます。

みなさんも好きな海外アーティストのルーツを、調べてみるとさらに楽しくなるかも!

今回は「北欧のアーティスト」ということで、

みなさんにも北欧を身近に感じていただければ嬉しいです。

それでは!