旅・留学

「え、それも!?」海外から見た【日本特有のもの】8選をご紹介!

こんにちは!

今回は長期間海外を旅していた筆者が感じた「海外から見た日本」について紹介していきます。

普段日本にいると、身近にある日本特有のものに気づかないこともあると思います。

日本で生活していて「当たり前」と感じることでも、海外と比較してみると意外にも日本特有なものがあったりすることも。

今回はそんな日本では「当たり前」でも海外では「当たり前」ではないことを8個紹介していきます。

海外から見た日本はこんな感じ(8選)

①治安がとてもいい

これはみなさんも良く耳にすることが多いかもしれません。

実際に、日本は治安がいい国だと思います。

日本では深夜でも気軽に出歩くことが可能ですよね?

しかし国によりますが海外では、日本と同じように深夜に出歩くのはできますがとても危険です。

また、極端なことを言うとスマホを触りながら歩くのもおすすめはできません。

海外では一瞬の隙に盗まれるなんてことも割とあります。

日本でスマホを触りながら歩くのは安全上でとても危険ですが、盗まれる経験をした方は少ないと思います。

②電車やバスが時間通り来る

これも日本では当たり前と感じる人は多くいると思います。

しかし、海外では全くと言っていいほど「当たり前」ではありません。

海外では、30分遅れなんてあるあるです。

逆に時間通りに来る方が珍しいなんてことも。

アフリカで長距離列車などは12時間遅れることだって「当たり前」にあります。

なので、日本で時間通りに電車が来ることは海外から見るとすごいことなんですよ。

③コンビニが24時間営業

私達が生活する上でなくてはならないものですよね。

このコンビニの24時間営業も海外ではなかなか見ることはありません。

もちろん全く存在していないわけではなく、先進国などでは存在しています。

まず、海外にコンビニという概念がそもそもないのかもしれません。

日本でコンビニをイメージすると「セブンイレブン」や「ファミリーマート」など名前が出てきますが、海外で考えてみるとコンビニの代名詞的なものが無いと思います。

個人で経営しているコンビニっぽい何でも販売している「何でも屋」的なものは存在しますが、24時間をしているところはまず見たことが無いです。

詳しい要因はわかりませんが、その土地の治安が関係しているのかもしれません。

④100円ショップがある

日本には便利な「100円ショップ」が存在してますよね。

これも私たちの生活の中でとても役に立ちますよね。

この100円ショップですが、「コンビニ」と同様全く存在していないわけではなく、先進国には存在していると思います。

東南アジアなどに渡航してみると、まず目にすることは無いかと。

目にするとしても日本の「ダイソー」などが海外進出していることがほとんどだと思います。

そのため、各国独自の100円ショップを見つけることはなかなか無いと思います。

⑤場所取りで自分の荷物を置く

日本ではファストフード店などで、自分が持っている荷物(カバンやコートなど)を場所取りで席に置くことが多いですよね。

しかし、これを海外で同じように席に荷物を置いたままにしておくと高確率で盗まれると思います。

これは治安のところにも関わってくると思いますが、治安の良い先進国でも軽犯罪として多発しています。

実際に海外に行った時に、うっかり日本と同じ感覚で行動してしまうと痛い目に遭うこともあるので気をつけてください。

海外でファストフード店を利用す時、二人以上で行くなら二人で買いに行かず、一人ずつ買いに行くなどして自分の荷物を犠牲にしないようにしましょう。

一人で行く場合は、商品を買って受け取ってから席を選びましょう。

⑥居酒屋などでお通しが出てくる

みなさん居酒屋に行かれる方も多いと思います。

居酒屋では「お通し」というものがでますよね。

しかし、これは日本特有。

外国人観光客が日本の居酒屋に行った時とても驚く人が多いようです。

海外ではどんなレストランでも基本的にお通し的なものはありません。

日本ではチップの文化が無いため、この「お通し」がその役割になっているのかもしれません。

また、日本文化の「おもてなし」を意識しているのなど、色々な説があると思います。

⑦街中にゴミ箱が少ない

日本の街中を歩いていてもなかなかゴミ箱を見かけないと思います。

これも日本特有だと思います。

海外の特に先進国では街中でゴミ箱をよく目にします。

このゴミ箱についてですが色々な説がありますが、よく聞くのが「テロ」を防ぐためだとか。

確かに街中のいたるところにゴミ箱があったら爆弾などの危険物を容易に隠すことができますよね。

また、一般家庭用のゴミを公共のゴミ箱に捨てることを防ぐためともいわれています。

⑧水道水が飲める

日本では普通に「水道水」をいつでも飲むことができますよね。

実はこれは世界的にも稀なことで、197ヵ国ある中で10ヵ国ほどでしか水道水を飲むことができません。

海外で水道水を飲もうとすれば、お腹を壊すのは確実だと思うので絶対飲まないようにしてください。

まとめ

いかがでしたか?

日本で生活していて「当たり前」と感じることも海外からみると日本特有の物が身近にあります。

もし海外に行く機会があったら確認してみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
ゆうま @世界一周中
ゆうま @世界一周中
〜 現在大学を休学して世界一周中 〜 高校2年次に初海外を経験して、海外に興味を持ち現在世界一周中。 旅に関することや、渡航した国のことについて発信していきます! 趣味は、旅と野球と人に会うことです! よろしくお願いします!