旅・留学

【体験談】ヒッチハイクから得られる5つの財産「成功体験になる経験を」

みなさん、こんにちは。

旅人名乗っていますが最近は旅していません、あおいです。

今回は、僕の得意分野であるヒッチハイクについての記事になっています。

ヒッチハイクについて、いくつか記事を書いてきていますが今回はヒッチハイクを初めてから得られた経験についての紹介です。

ヒッチハイク興味ある人は多いものの、実際どのような経験が就活や社会に出た際に活きているのかに焦点を当てて話していきます。

初対面でのコミュニケーションスキル

ヒッチハイクで乗せてもらう人の99%は、初対面の人です。

当時の僕は、コミュニケーション能力は決して低くはなかったのですが、初対面の人とのコミュニケーションはそこまで得意ではありませんでした。

というか、得意な人なんて本当にレアケースだと思います。

僕はヒッチハイクを通じて、初対面の人のコミュニケーションスキルを身に着けました。

初対面の人と話す際に重要なポイントは、

・話せる範囲での自己開示をする
・大きめリアクションと声のボリューム
・相手に合わせて話し手か聞き手か決める

ヒッチハイクして乗せてくれる人は、何かしら理由があって乗せてくれています。

  • 「面白そうだったから」
  • 「かわいそうだったから」
  • 「話し相手になってほしいから」

様々な理由があり、相手が何を求めているかを予測していくことが必要です。

これはコミュニケーションスキルの上達にも必要な条件で、話すことによって相手に気持ちよくなってもらうことが大切になってきます。

このスキルは就活のみならず、社会で生きていく中で必要不可欠と言っても過言ではありません。

意外にも人って優しい

テレビのニュースを見ていると、事件や事故などのニュースが取り上げられています。

物騒な世の中だと感じたことはないでしょうか。

しかし、世の中の人全員が物騒なことを考えているわけではありません。
ヒッチハイクで乗せてくれる方のほとんどが、心優しい温かい人です。

実際に数十回ほどヒッチハイクをしてきましたが、ハッキリ言って怖いと感じた人はいませんでした。

「自分で確かめてみる大切さ」もここで学ぶことができます。

情報や何となくのイメージで、物事を決めつけすぎないことを教えてもらいました。

また、乗せてくれた人が優しいからといって大きい態度をとったり、不誠実な態度や行動を起こすことは控えましょう。

マナーを守って楽しい良い思い出になるヒッチハイクを心がけたいものです。

人生の先輩たちから生き方を学ぶ

ヒッチハイクをしている中で、多くの経歴や職種の人の話を聞くことができます。

特に人生観について語ってくれる人が多いのですが、これらは知見や価値観を開拓していく上でかなり役立ちます。

大学生活で、自分と似たような人たちと関わる機会が自然と多く視野が狭くなりがちです。

そういった中で、社会の第一線で働く先輩たちからアドバイスや悩みを聞けるのはかなり価値のある経験になります。

僕の場合は地方公立大学に通っているのですが、周りに特別大きな企業もなく大学関係の方としか話したことがありませんでした。

ヒッチハイクをする中で、普段なかなか話せないようなトラックの運転手さんや、建築関係のお仕事されてる方、弁護士さんや医師の方などとお話することができました。

そこで十人十色という言葉があるように、改めて同じ生き方をしている人なんで一人もいないことを知りました。

時に悩み相談にも乗ってもらったりしたので、多くの人と話すことは貴重な財産になりえるのです。

戦略的思考を養うことができる

これはヒッチハイクで車にどうやったら乗せてもらえるかを考える過程の中にあります。

普通に立っているだけでは車が捕まるはずもありません。

ここで僕が車を捕まえる際に意識していたことをまとめます。

・目的地はスケッチブックに大きく書くこと
・ドライバーさんに見やすく胸のあたりで持つ
・車通りが多いところを中心に攻める
・車が停めやすいところの手前に立つ
・上と同様に、相手が乗せるか考えられる空間的かつ時間的な余地をつくる
例)高速PAのトイレの入り口付近に立つ。
→用を足すまで乗せるかどうか考えてもらえる場合、時間をつくると乗せてもらいやすい。
・暗い表情で立たない
・周りとのコミュニケーションで乗せても安全な雰囲気をつくる

どうやったら乗せてもらえるか考えて僕なりに試行錯誤した結果です。

このように、課題解決能力とそれにむけての戦略的思考を養うことができます。

誰でも作れる小さくて大きな成功体験

最後に、ヒッチハイクは「小さくて大きな成功体験」になりうると考えます。

紙とペンと少しの勇気でヒッチハイクは実践できますし、ヒッチハイク成功できたら大きな自信にも繋がるんです。

自信が持てるようになると、他の新しいことにチャレンジできるようになります。
また、就活の際にも話す一つのネタとして使うことも可能です。

誰もが実践できて、自分に自信がつき、人の優しさと多くの学びに出会えるヒッチハイクは自分に自信がない人にこそ経験してほしいです。

それでは今回はこの辺で。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
アバター
あおい@旅するバリスタ
栃木県出身、山梨県の大学に通う学生ライター。 主に大学生活・ヒッチハイク旅・コーヒー等についての記事を書いていきます。 人と会話することが好きで、ヒッチハイクで田舎を巡る旅をしています。 ある日、高野山に置き去りにされるも無事山梨県に帰還できた経験から、 「何事もやってみなきゃわからない!」をモットーに 様々なことにチャレンジ中! 趣味はコーヒーと旅と思考すること、 密かにアクアリウムもやってます。