ライフスタイル

「どこでも住めます」大学生が1回はシェアハウスに住んだ方がいい理由

こんにちは。学生ライターのマッキーです。

「シェアハウス面白そうだけど大変そう・・・」

シェアハウスって面白そうだけど大変そうですよね。

僕自身は、最初は全くシェアハウスに興味がありませんでしたがシェアハウスを経験して1回は必ず住んだほうがいいと思いました。

シェアハウス を1回経験すれば将来どこでも住めるようになりますし、とにかく出会いがあるので自分の人生にとってプラスになるからです。

今回は4ヶ月間シェアハウスに住んでいた僕が、シェアハウスに1回は住んだほうがいい理由を解説します。

シェアハウスとは

シェアハウスは住宅を複数人でシェアして暮らす事です。

入居者それぞれに個室があり、リビング、キッチン、トイレ、バスルームなどを共有します。

シェアハウスの場合は入居者を管理する運営業者が存在していて、シェアハウス に入る時は運営業者と連絡をする必要があります。 

シェアハウスに住んでいる学生は少ないですが、その分経験すれば他人にはできないよう経験をする事ができますよ。

学生だけが住んでいるシェアハウスもあるので、初めての人は学生が多いシェアハウスに住んでみましょう。

シェアハウスに1回は住んだ方がいい理由

僕は大学生なら1回はシェアハウスに住んだほうがいいと思っています。

シェアハウスに住んだほうがいいと思う理由は以下の3点です。

  • 将来どこでも住めるようになる
  • とにかく出会いがある
  • 価値観が広がる

シェアハウスに住んだほうがいい理由をそれぞれ解説させていただきます。

将来どこでも住めるようになる

大学生は一人暮らしや実家暮らしの方がほとんどだと思いますが、シェアハウスに住んでる方はかなり少ないです。

就職すると都会で一人暮らしをする方も多いと思いますが、都会で一人暮らしってかなりお金かかりますよね。

大学生なら仕送りがあって生活をすることはできますが、今後の将来を考えて貯金をする事が増えると思います。

都会でシェアハウスに住めばかなり家賃を抑える事ができますし、将来どこでも住める事ができますよ。

実家暮らしの方はシェアハウスを経験することで、将来的に一人暮らしをするときのハードルを下げる事ができます。

とにかく出会いがある

シェアハウスに出会いを求めてる方も多いと思いますが、シェアハウスはかなり出会いがありますよ。

僕が前住んでいたシェアハウスは学生や社会人やフリーランスの方など、色んな人が住んでいたのでたくさんの交流がありました。

恋人を作りたいからシェアハウスに入るとかでも全然大丈夫です。

シェアハウスに住んでいる人は基本的に出会いを求めてる人がほとんどなので、積極的にコミュニケーションを取る事ができますよ。

価値観が広がる

シェアハウスには様々な人が住んでいるので自分の価値観が広がり、自分の将来にとってプラスになる経験ができます。

社会人の人から実際に仕事の事を聞けたり、同じ学生達と将来に対しての悩みについて話したこともありますよ。

普通に大学生活を過ごしていたら関われないような人と関わる事ができるのがシェアハウスの魅力です。

学生の時に関わる人がきっかけで自分のレベルも変わっていくので、人の話を聞いて勉強をしたい方には是非オススメしたいです。

シェアハウスの種類

シェアハウスには種類があるので必ず理解しておく事が重要です。

シェアハウスの種類は大きく2種類あるので必ず知っておきましょう。

  • 個室
  • ドミトリー

以上の2点がシェアハウスの種類ですがそれぞれ解説させていただきます。

個室

シェアハウスの個室は実家の個室のような自分だけの部屋になります。

シェアハウスだと一人の時間が減るので、自分の時間が欲しい方には欠かせない部屋ですよ。

僕自身も個室とドミトリーを両方経験しましたが、僕的には個室の方が色々と気分的にはかなり楽だと感じました。

個室だと完全に自分だけの空間を作れるので、完全に自分好みのインテリアにして快適に過ごす事ができます。

シェアハウスに住む事自体が初めての方の場合は、個室にしておけば心配をする必要はありません。

ドミトリー

シェアハウスのドミトリーは同室に複数人と部屋を共有する事になります。

ドミトリーを選ぶメリットは月額費用が個室に比べて安くなるので、費用を抑えたい方にはオススメです。

僕自身も、ドミトリーを経験しましたが知らない人と同室になるので最初は僕自身もかなり抵抗がありました。

慣れてしまえばそこまで気にすることはありませんが、プライベートな空間が欲しい人には厳しいです。

ドミトリーを経験して思いましたが、同室のドミトリーの人とはかなり話す機会が増えるのですぐに仲良くなれると思います。

シェアハウスを選ぶ時の注意点

シェアハウスを選ぶ時の注意点に気を付けなければかなり苦労するので、注意点を抑えておきましょう。

シェアハウスを選ぶ時の注意点は以下の2点です。

  • 家賃量に注意する
  • 1回は下見をする

以上の2点のシェアハウスを選ぶ時の注意点についてそれぞれ解説させていただきます。

家賃料に注意する

シェアハウスによって初期費用は様々ですが、基本的に家賃、光熱費、Wi-Fi代などがかかります。

また、通常の賃貸物件でかかる敷金や礼金が不要ですが、デジポットと呼ばれる補償金を運営事業主に預ける場合もあります。

シェアハウス によって料金の仕組みはかなり変わるので、料金の内訳を理解して物件を慎重に選びましょう

事前に料金について運営事業主に確認をとって必ずどれくらいの料金がかかるかを確認する事が大事です。

1回は下見をする

シェアハウスに住む時は絶対に1回は下見をした方がいいです。

いきなり行って自分には合わかったというのを避けるために必ず下見をしましょう。

下見をする時に運営事業主に説明をされるので、管理人の話をしっかり聞いてメモを取る事が大事です。

また、シェアハウスに1回下見に行けば住人の方とも会うので住人ともコミュニケーションを取りましょう。

シェアハウスを選ぶ時に大事なポイントが、運営事業主がしっかりしているかどうかを見極めることも大事です。

今話題のシェアハウスのサービス

今話題のシェアハウスでADDressというサービスがあります。

ADDressは定額4万円で全国で28箇所の家に住み放題になるサービスです。

大学生の場合だと長期休暇に日本を旅しながら、住む事ができるのでとても魅力的なサービスですよ。

他拠点生活をしている人や家を持たないアドレスホッパーもいるので、旅が好きな人にはとてもオススメです。

春休みや夏休みの長期休暇の期間で是非ADDressを活用してみてくださいね。

まとめ

シェアハウスに住めば将来どこでも住めるようになるし、様々な働き方をしている大人と出会う事ができるので是非住んでみてくださいね。

シェアハウスは個室とドミトリーに分かれていますが、シェアハウスに住むのが初めての方は個室を選んだほうがいいですよ。

物件によって初期費用が変わるので、シェアハウスを選ぶ時は運営事業主に料金について確認を取りましょう。

今話題のサービスのADDressは定額4万円で全国で28箇所の家に住み放題になるサービスなので、旅が好きな方は是非活用してみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ABOUT ME
マッキー
マッキー
福井県の大学に通っている休学系大学生牧田桂樹です!大学3年生の頃に人生に迷走した結果大学を1年間休学しています。休学とスポーツを誰よりも愛しています。スポーツが大好きで1年生の時に大学でスポーツサークル(@sportskenkyukai)を立ち上げ部員80人を達成しました。大好きなスポーツを通して人と人を繋げる事が自分の生きがいです。将来は海外でフリーランスとして旅をしながら生きる生活を目指しています。サークル7つやアルバイト7つやるなど、飽き性だからこそ出来る経験を学生の皆さんに発信していきます。