ライフスタイル

洋楽をカッコよく歌う5つのコツ「洋楽は聴いてるだけじゃもったいない! 」

こんにちは。

突然ですが、みなさんは洋楽が好きですか?

日本でも海外アーティストの曲は人気ですよね。

しかし、洋楽を歌えるという人は少数なのではないでしょうか。

好きな海外アーティストの曲を聴いて口ずさんだりはするけれど、

歌うのはちょっと…という人もいると思います。

 

もし日本語の歌詞のようにスラスラ歌えるようになれば、

洋楽をもっと楽しめると思いませんか?

 

そこで今回は、カラオケではほぼ洋楽しか歌わない私が、

「洋楽を上手く歌うコツとメリット」についてご紹介します。

洋楽を歌えるようになりたいなと思っている方は必見です!

 

コツ① 自分の好きな曲を練習する

いくら有名だからと言っても、

自分が興味のない曲ではモチベーションが上がりませんよね。

詳しくはコツ②で紹介しますが、何度も繰り返し聴くことがポイント。

  • この曲は何回でも聴いていたい
  • 歌えるようになりたい!

というお気に入りの一曲から始めましょう。

洋楽が歌えるということは、ただ発音ができるようになるというだけでなく、

歌詞の意味も深く理解できるようになるということです。

そのため、

・この曲のメロディーが好き

・このアーティストの考えや歌詞を理解したい

このような理由から曲を決めるのもいいですね。

 

コツ② 英語の音から覚える

私が一番大切にしていることが、「英語の音のまま覚える」ということ。

初めから歌詞を見て、歌うことはあまりおすすめしません。

なぜなら

  • 歌詞を見て歌っても口が追いつかない
  • 自分なりの発音をしてしまう

ということが起こるからです。

曲は英文のリーディングとは異なり、発音と滑らかさが最も重要です。

英語は

Don’t you→✖︎ドント ユー

      ◯ドンチュー

のように、隣り合う単語どうしをつなげて発音することが多いです。

そのため、一言一句文字を追っても滑らかな発音にはなりません。

また自分の単語の発音が、自然な発音と少し違うこともありますよね。

間違ったまま覚えないためにも、

まずは何度も繰り返し聴いて、口ずさめるようになりましょう。

どんな感情を歌った曲なのか、全体の内容さえ把握していれば、

自分が何を言っているのか分からなくても大丈夫です。

まずは自然な英語の発音を真似することがポイントです!

コツ③ 歌詞を見て知らない単語や表現を調べる

口ずさめるようになったら、歌詞の解読を始めましょう。

歌詞を読んで、分からない単語や文章を調べます。

すると、今まで意味も分からずにホニャホニャ口ずさんでいた歌詞が、

自分の理解できる文章になり、

「あー、こういう単語でこういう意味だったのね!」とここでやっと気づくはずです。

この段階を超えると自分が歌っている意味も理解し

曲もスムーズに歌えるようになるので一気に楽しくなると思います。

 

注意してほしいのは、

  • 曲のリズムに合わせるための単語の省略
  • 未完成な文章
  • スラングの使用

が起きているということです。

そのため、辞書には載っていない単語に出会うかもしれません。

そんな時はgoogle で検索すると、ほとんどは出てきます。

細かいところも調べると、自信を持って歌えるようになりますよ!

また有名な曲であれば、Youtubeで歌詞を解説している動画もあるので、

参考にしてみてください。

 

コツ④ 強弱を意識する

英語をカタカナ読みした時と実際の発音は全く違いますよね。

日本語の発音は英語に比べると強弱はそれほど強くありません。

英語は強弱が強いため、少し違和感を感じるかとは思いますが、

強弱に意識してみてください。

恥ずかしいと思わず、自分が海外アーティストになったかのような気分で歌うと、

強弱も自然とついてくるはずですよ。

 

コツ⑤ ノリで最後まで歌う

最後のコツは、「ノリで最後まで歌うこと」です。

何度練習しても、やはり完璧に歌えるようになるには時間がかかりますよね。

一つの曲だけではなく、他のいろいろな曲にも挑戦したいという気持ちもあると思います。

もちろん、完璧に歌う必要なんてありません!

ある程度歌えていれば十分です。あとはノリでカバーします。

曲が速くて歌えない時は、

とりあえずホニャホニャ口ずさんで誤魔化すのも一つのテクニック。

意外とカッコよく聞こえていたりしますよ。

ラップなどは韻を踏んでいる単語だけ覚えて、

ホニャホニャ 韻」というように韻が踏めていれば

歌えているように聞こえるので大丈夫です。

あとは自信を持って歌いましょう!

 

さいごに

いかがでしたか?

「歌えるようになりたいなぁ」と思っていた曲も、この機会に歌ってみませんか?

コツを理解してちょっと練習すれば、すぐに歌えるようになりますよ

今回紹介した5つのコツは洋楽だけでなく、

もちろん他の言語の曲を練習する際にも効果的です。

ちなみに私は現在デンマーク語の曲も練習中。

「コツ④の強弱を意識する」に関しては、その言語の特徴を意識してくださいね。

他の言語の曲にも挑戦することで、

より多くの音楽を今まで以上に楽しめること間違いありません!

洋楽の楽しみ方はメロディーだけでなく、歌詞を理解することでもあります。

日本の曲だけでなく洋楽も楽しめれば、自分の音楽の幅も広がりますね。

ぜひ挑戦してみてください!

 

洋楽を歌うメリットについても記事にしてあるので、

こちらもぜひ読んでみてくださいね。

洋楽を歌えるようになる5つのメリット「聴いてるだけじゃもったいない!」こんにちは! みなさんは日本の曲だけでなく、海外アーティストの曲も聴きますか? 日本でも海外アーティストの人気は高まっていま...