就活・キャリア

【遊びから学ぶ】大学生が夏休みにやっておきたい10のコト 前編

みなさん、こんにちは。
TASUKAKEライターのあおいです。

6月も下旬に入り、学期末試験の情報や日程が出始める時期かと思われます。
試験期間を終えると大学生には1ヶ月〜2ヶ月の夏休みが待っています。

夏休みに何をするか、予定は決まっていますでしょうか。

海に行ったり、お祭りで花火を見たり、友達と遊んだり・・・楽しいイベントが目白押しです。
楽しく遊ぶことも大切ですが、せっかく時間があるので遊びも学びも充実した夏休みにしてみませんか?

この記事では、ちょっと真面目な現役大学生の僕が夏休みにやっておきたいと考えることを10個紹介します。

前編と後編に分けて書いていますので、興味を持ってくれた方は後編まで見ていただけたら嬉しいです。

ヒッチハイク旅をしよう

大学生なら、一度はヒッチハイク旅をしてほしいです。

例えば「一週間宿無しヒッチハイク旅」とか「実家までヒッチハイクで帰省した」をやってみてください。

なぜここまで勧めるかというと、自分が知っているようで知らない景色や人生を見たり聞いたり、一見無理そうなことに挑戦してほしいからです。

これは僕の持論なのですが、ヒッチハイクは社会で必要なスキルを勉強できると考えています。

例えば、見知らぬ人に話しかけるためのコミュニケーションを身に着けたり、人に親切にしてもらったときの礼儀やマナーを学ぶことができます。

乗せてもらうためには、どこで車を見つけたら良いのか、目的地までたどり着くためにはどのルートを通る人にお願いしたいのか、といった目の前の課題を解決する力も身につきます。

もちろん社会で通用するとは言いきれませんが、それでも自分にとって非日常である環境の中で今後の人生に役立つような経験が得られると思います。

今年の夏休みは時間もあるし車通りも多いのでチャレンジしてみはいかがでしょうか。

ヒッチハイクに興味を持った方はこちらもチェック!

【体験談】ヒッチハイクから得られる5つの財産「成功体験になる経験を」みなさん、こんにちは。 旅人名乗っていますが最近は旅していません、あおいです。 今回は、僕の得意分野であるヒッチハイクについ...
【初心者必見】これで安心!安全にヒッチハイクするための3つのコツみなさんこんにちは! ヒッチハイク芸人こと、あおいです! 突然ですが、みなさんはヒッチハイクを経験したことはありますでしょう...

実家に帰省しよう

夏休みが始まる8月の上旬やお盆くらいになると大学生の多くが実家に帰省します。

一人暮らしを通して、家族という存在の有り難みを感じた人は多いのではないでしょうか。
慣れない一人での生活は、寂しくなったり不便に感じたりして家族が恋しくなったりするものです。

ここで、両親や兄弟姉妹に感謝を伝えてみてください。
恥ずかしいかもしれないですけど、「今まで育ててくれてありがとう」とお礼を言われて嬉しくない両親はいません。

僕自身が大学に入学して、一人暮らしを通して当たり前の有り難さに気付かされました。

もし同じように感じたと思ったら、その感謝の気持ちを言葉にして伝えてあげてください。

自動車免許を取得しよう

夏休みほどまとまった時間がとれる期間はとても少ないので、この期間に自動車学校に通いましょう。
最短2週間の短期集中で免許をとれる合宿をオススメしたいです。

また合宿には以下のものが必要になってくるので不備なく準備してください。

住民票(原本)

  • 本籍地が記載されている本人名義のもの
  • 発行から3ヶ月以内に交付されたもの
  • マイナンバーが記載されていないもの

本人確認書類いずれか1つ(コピーは不可)

  • 健康保険の被保険者証(合宿中の怪我や病気にも使える)
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き)

印鑑

友達とたくさん遊ぼう

ここまで、ちょっと真面目なことを紹介しましたが同じくらい友達と遊ぶことは大切に感じます。

今だけ、とは言いませんがやはり気軽に遊ぶことができるのは大学生の間だけなのです。
時間の許す限り、親しい友達との時間を大切にしてほしいと感じます。

言い方に少し語弊があるかもしれませんが、友達は一生の財産です
ほとんどの人は大学生活で友達を助けた、あるいは助けられた経験があるのではないでしょうか。

良い時も悪い時も、一人じゃないと思わせてくれる、そんな関係がいつのまにかできていたら嬉しいなと思います。

アルバイトをしよう

何をするときもやはりお金は必要になってくるので、アルバイトをしてお金を貯めましょう。

夏休みの期間は、大学の講義の心配がほとんどないのでいつもより多く働くことができるので稼ぎ時です。

ただし、夏休み中に実家への帰省や長期インターンを考えている場合は、最低でも一ヶ月くらい前からアルバイト先のオーナーやリーダーに伝えましょう。

お店によっては、欠員に備えて新規を雇ったり、シフト調整をするなど準備をしなければならない場合があるので早めに伝えないと迷惑をかけてしまうことになります。

夏はフェスやお祭りの短期アルバイトもたくさんあるので、マンネリ化することもなく楽しみながらお金を稼ぐことができますよ。

後編へ続く

前編はここまでとなります。
いかがでしたでしょうか。

興味をもってくれた方は下記より後編をお楽しみいただけたらと思います。

【遊びから学ぶ】大学生が夏休みにやっておきたい10のコト 後編みなさん、こんにちは。 TASUKAKEライターのあおいです。 この記事は【遊びから学ぶ】大学生が夏休みにやっておきたい10のコ...

それでは今回はこのへんで。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
アバター
あおい@旅するバリスタ
栃木県出身、山梨県の大学に通う学生ライター。 主に大学生活・ヒッチハイク旅・コーヒー等についての記事を書いていきます。 人と会話することが好きで、ヒッチハイクで田舎を巡る旅をしています。 ある日、高野山に置き去りにされるも無事山梨県に帰還できた経験から、 「何事もやってみなきゃわからない!」をモットーに 様々なことにチャレンジ中! 趣味はコーヒーと旅と思考すること、 密かにアクアリウムもやってます。