就活・キャリア

【仲間と団体を作りたい人必見!】失敗しないためにまず考えるべきこと

こんにちは!

みなさんは、

  • 仲間と団体を作りたい!
  • こんな活動を初めてみたい!

と思ったことはありませんか?

もしかするともうすでに、団体やプロジェクトの立ち上げに向けて、

動き出している人もいるかもしれませんね。

自分のやりたいことを形にして活動することができれば、なんて楽しいのでしょう!

ワクワクと期待が膨らみます!

 

しかし仲間と何かを作り上げるということに、

不安を感じている人も多いのではないでしょうか。

仲間とともに立ち上げていくわけですから、1人で起業するのとは違います。

作業を分担したり、様々な意見を集めることができるというメリットもありますが、

もちろん意見がぶつかったりモチベーションに差が出たりと、

問題もその分多くなるわけです。

 

今回は仲間と団体を作り活動している私が、

【団体を作り、その団体で活動することに失敗しないための方法を】お伝えします。

今から何かを始めようとしている人はもちろん、

団体として活動を始めた人もチェックしてみてくださいね。

もし何か問題があったとしても、まだ改善することは可能ですよ!

 

団体の活動

やりたいことを明確にする

まずは

  • この団体が立ち上がった理由や経緯
  • 自分たちがこれからどのように活動していくか

を明確にしましょう。

はじめに軸を決めておかないと、活動の内容が様々になってしまい、

結局何をしたかったのか分からない…といった事態にもなりかねません。

時間がかかるかもしれませんが、焦らずにしっかり時間をかけて話し合いましょう。

また

  • 団体としての活動の目的
  • 目指していくもの

など、メンバーの中でしっかり共有しておくことが大切です。

メンバーの中で完全に理解できていないことや、異なる解釈をしている場合は、

将来の団体の活動にも影響します。

共通理解をメンバー全員が持つように心がけましょう。

 

需要があるのかを調べる

自分たちのやりたい活動をするのは、とても楽しいことですよね。

しかし、自分たちの活動に需要があるかをしっかり考えないといけません。

残念ながら需要がないと、活動としても続いていかない可能性があります。

なぜなら、需要がなければ活動の機会も減りますよね。

活動の成果が見えないとメンバー全員のモチベーションを保つことが難しくなり、

メンバー内での対立も起きやすくなってしまうからです。

やりたいことと、人々のニーズがマッチしたものを作れれば、

大きく活躍できると思います。

今からでも、

  • 活動内容
  • 対象
  • 活動範囲

などを見直すことで、需要を見いだすことはできますよ!

 

似ている団体と差別化する

自分たちがやりたいことと似ている活動をしている団体はありませんか?

「似ている」ということは、「違う部分もある」ということ!

その違う部分」を前面に出して他と差別化しましょう。

 

仲間との関係

メンバーの性格の多様性

人はそれぞれ個性がありますよね。

メンバーの性格を互いに理解し合い、認め合えていれば、

そのチームの中で一人一人が輝くことができます。

得意なことを活かしたり、苦手なところを誰かがサポートして補ったり。

  • また冷静に考える人
  • たくさん意見を言う人
  • いつもポジティブでいる人

など、メンバーの中に多様性があることで、

いいアイデアが生まれたり、深い話し合いができると言うこともあります。

お互いを受け入れて「チームだからこそできること」を強みにしていきましょう。

 

メンバーの本気度

やはり何かをゼロから始めるには、労力がかかります。

学生であれば勉強、部活やサークルなど、

他にもやるべきことややりたいことはたくさんあります。

そんな中で、どれだけ本気で活動したいのか

お互いの本気度をある程度同じにしていく必要があります。

やる気がない人がいれば、ミーティングに参加できないことが増えたり、

メンバーの間でも温度差を感じてしまいます。

それが原因で問題が生じることもあるので、

メンバー全員が同じ思いなのかを確認することが大切ですよ。

 

メンバーの方向性

メンバー全員が一致団結して活動していくには、

将来的にどのように活動したいのかという将来のことまで、

お互いが同じ志を持っていなければなりません。

「将来的にはこうしていきたい!」という思いに大きなズレがあると、

メンバーの中で分裂してしまう可能性があります。

活動がある程度の成果を上げるまでは、みんなで作り上げたいものですよね。

メンバーの『こうしたい!』が同じになるように話し合いましょう。

 

お金

補助制度

立ち上げる際にお金が必要な場合、

その必要な資金をどのように生み出すか悩んでいる人はいませんか?

学生の場合「お金」は大きな問題ですよね…。

様々な方法がありますが、

・クラウドファンディングで集める

・コンテストなどで入賞し賞金を得る

・大学等の援助を受ける

などの方法が主に挙げられます。

学校にもよりますが、学生が何かを始める際に活動内容などによっては

大学が資金援助などをしてくれることもありますよ。

是非調べてみてくださいね。

 

さいごに

いかがでしたか?

他の誰かと一緒に何か新しい活動を始めるということは、

楽しい面もありますが大変な面ももちろんあります。

しかしメンバー同士で支え合うことができれば、うまくいくのではないでしょうか。

そのためにもメンバーを互いに認め合い、良い関係を築くことが大切です。

ぜひ上記のことを参考にしてみてくださいね。