学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

賢者屋 -kenjaya-

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

※運営会社の変更に同意したことと見なします。

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

コラム・記事

<Co(コミュニティオーガナイジング)とは??> 組織運営のコツに迫る!!

Table For Two University Association (国際交流)

1年前

  • 2
  • ページビュー数
    315

<Co(コミュニティオーガナイジング)とは??> 組織運営のコツに迫る!!

~組織運営、イベント運営がうまくいかず立ち止まっているあなたへ~

 

 

TFT-UAメンバーの西里 萌亜にしざと もあ)です!先日山梨県のコワーキングスペースaeruで行われたCo(コミュニティオーガナイジング)報告会へ参加してきました。

 

この報告会を主催したのは

NPO法人bondplace(https://www.bondplace.org/bondplace%E3%81%A8%E3%81%AF/)

 

という団体で、「人と人とがつながり、学びあう場づくり」を実践するべく、対話型のワークショップや女性起業家支援事業などを行っている団体です。

この報告会では9月18日〜20日で、静岡県立大学で行われたコミュニティオーガナイジングの授業の共有と実際に生かすためのワークショップを行いました。

 

 

コミュニティオーガナイジングとは、

組織のメンバーが自分たちで課題をみつけ、日常的な課題を継続させていくことを支援する」ということになります。誰か強力な活動家がリーダーとなって引っ張っていくものではなく、顔の見える範囲で誰もが直接に参加する民主主義をつくり出す作業です。”

 

Co(コミュニティオーガナイジング)報告会イベントページより引用https://www.facebook.com/events/2244553079161716/

 

 

 

そこで今回学んだCoに関わる、4つの観点をご紹介したいとおもいます。

 

1.ストーリーテリング

人が行動を起こす時、そこには必ずストーリーが生まれます。また、人が動くためには、まず心が動かされるものです。

よってまずは自分が行動を起こすきっかけとなった理由、自身のストーリーを語って聞き手の共感を呼ぶこと 鍵となります。聞き手と自分自身で価値観を共有をすることでともに行動する仲間を増やしていきます。

 

 

2.関係性の質の向上

何人かメンバーが集まってきた段階で大事にしたいこと、それは中心メンバーでの徹底した意志共有です。時にチーム内で分断が起こってしまうことがありますが、そんなときはチーム内でしっかり話し合うことが重要です。中心メンバーにずれが生じてしまうことはその他のメンバーへ、また関係者へも悪い影響が及んでしまいます。この時のコツは情報や目標を同じレベルで共有することです。徹底した意志共有のないまま活動に走ってしまうことの恐怖を肝に銘じましょう。

 

参考)組織の成功循環モデル   ダニエル・キム https://www.adecco.co.jp/vistas/adeccos_eye/51/

 

 

3.課題設定の方法

集客がうまくいかないときやもっと規模の拡大に手詰まっているときには、課題設定が適していたか見直してみましょう。たくさんの人を巻き込みたいと考える場合に限りますが、課題の設定の仕方で巻き込める人数が変わります。

このときに意識すべきことは

 

分かりやすく、かつあらゆる人に当てはまるように設定する 

 

ということです。

 

簡単な具体例を挙げると、自分の好きな歌手について語り合う場を作るイベントを開催したいとします。このままだとその歌手を好きな人しか集まってきません。

好きな歌手について話すことが出来ればいいということが目的なら話は別ですが、規模拡大を狙うなら、“自分の好きなものについて語り合う場”というように設定すれば何かを好き!それについて語りたい!という共通点を持った人たちを集めることが出来ます。

 

また、課題設定のもう一つの方法としては、課題を評価する基準を設定するというものです。具体的な評価基準としては、

 


  1. 人々の生活の実質的な改善をもたらす

  2. 人々に自分たちの組織化された力に気づかせる

  3. 力関係を変更する

  4. 価値がある

  5. 勝ち取ることが出来る

  6. 広く共感が得られる

  7. 深い共感が得られる

  8. わかりやすい

  9. 明確な意思決定者がいる

  10. あなたにとって意義のある明確な時間枠がある      などがあります。


 

課題を設定する際にはこれらのように基準(自分たちの大切にしたいこと、達成したいこと)を設定し、課題の設定が目的達成のためにふさわしいかを吟味する時間をとりましょう。ここに時間を割いて行動することがイベント成功への近道となります。

 

4.ミッドウェストアカデミー戦略表の利用

「目標」「組織としての構成要素」「支援者」「意思決定者(ターゲット)」「戦術」に分けて運動や活動をこれからどのように進めていくかを整理するための表が、ミッドウェストアカデミー戦略表です。

 

簡単にまとめると

 

「目標」➡長期、中期、短期に分けて設定したあと、どのように設定すれば本来の目的が達成されるかをよく考え設定。

「組織としての考慮要素」➡今投入できる資源は何か、どうやって組織を強化するかなどを考えます。

「支援者」➡この課題を気にかけてくれるのはだれか?この課題について味方になってくれるのは誰?

「意思決定者」(ターゲット)➡あなたが手に入れたいことを与えられる力を持つ人。ターゲットの定め方で戦略は大きく左右される!!

「戦略」➡ターゲットにyesと言わせるためにあなたはどうするか?直接的アプローチが有効?

 

 

このように論理だてて整理していくと可視化され本来の目的を思い返す機会になったり、新たな視点も見つかるきっかけとなります。

ここでのポイントはなるべく具体的に書き出すこと、です。例えば、組織としての考慮要素のところで今、投入できる資源は何か?を考えるとき、SNSの利用、とだけ書きだすのではなくどのSNSをどのように活用するかまで書きだしましょう。具体性の向上は実現可能性の向上へとつながります。

 

 

 

いかがだったでしょうか?少し難しい言葉も出てきましたが、組織、イベント運営のヒントが得られたのではないでしょうか?

 

 

これであなたのイベントも成功??!コミュニティオーガナイジング、ぜひ活用してみてください!!!

 

 

 

参考文献

WHAT’SCO

http://communityorganizing.jp/co/info/

 

山梨大学 1年

西里 萌亜(にしざと もあ)

 

 

「シェアする」ボタンを押して、
<Co(コミュニティオーガナイジング)とは??> 組織運営のコツに迫る!!を応援しよう!

シェア数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSでシェアすると、協賛確率がUP!

関連団体ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体をシェアする

Loading...

このニュースをシェアする

Loading...

このイベントをシェアする

Loading...

このキャンペーンをシェアする

Loading...

このページをシェアする

Loading...