学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

賢者屋 -kenjaya-

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

※運営会社の変更に同意したことと見なします。

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

コラム・記事

ヤル気が無いは勘違い?メンバーのヤル気を引き出す2つの方法

ライターの集い (メディア)

8か月前

  • 0
  • ページビュー数
    72

「メンバーのやる気が中々上がらない、、、」

「自分はこんなに頑張っているのに、みんなが付いて来ない」

こんな悩みはありませんか?

現代社会は学校、職場、サークル、たくさん組織で溢れています。そして、どの組織も抱える大きな問題の一つが、メンバーのやる気を引き出し、組織全体でゴールに向かっていく事だと思います。

ところで皆さんは、人が行動を起こす原理をご存知でしょうか?

 

人の行動原理には

・利益を得るため

・損失を避けるため

の2つがあります。

 

・つまらない仕事でも一応するのはお金が欲しいから

・退屈な授業でもちゃんと受けるのは単位を落とさないため

普段の私たちの生活を振り返ると、どの行動にもその理由がありますよね。

 

それではあなたの組織では、どんな利益、もしくは避けられる損失があるのでしょうか?

本記事では、組織運営において最も重要な、いかにメンバーのやる気を引き出すかという問題の解決策をご紹介していきます。

どれも特別なことではありませんが、やる気のある組織はやっていて、ない組織はやっていない明らかな違いです。

3分ほどで読めますので、是非取り入れて効果を実感してみてください。

 

目次


人が組織に求めるものとは

居心地の良い環境づくり

大切なのは心

具体的な行動

目的をすり合わせてやる気を引き出す

メンバーの動機を明確にする

 

 

人が組織に求めるものとは




人が組織に求めるもの、所属する理由はなんでしょうか?

これまであなたが参加してきた組織を思い出してみてください。

・クラブチーム

・バイト

・学生団体

 

様々な参加理由が思い浮かぶと思いますが、きっと次の2つに大きく分類出来るはずです。

・楽しい

・意味がある

やる気のあるメンバーが多い組織は主に

・居心地の良い環境

・メンバーの目的と組織の方向性が一致

の2つがあります。

早速、居心地の良い環境とは何かを詳しくご紹介していきます。

 

 

居心地の良い環境づくり




「先輩たちが面白そうだからこの部活に入った」

「仲のいい友達と一緒にこのサークルに入った」

こんな話を耳にした事はありませんか?

 

組織に所属する理由の1つは「人」だと言えます。

・メンバーがみんな愉快で楽しい

・あの人がいるからこの団体に入った

 

つまり、その組織の中での人との関わりが自分にとって「楽しい」という利益になっているのです。

やる気のあるメンバーが多い組織って、大抵みんな友達みたいに仲がいいですよね。それは

・大好きなみんながいるから頑張れる

・あの人の為に頑張りたい

のように、組織やメンバーが好きだから頑張れるんです。

 

メンバー間の仲が悪く、なんとなく居心地の悪い組織。そんな中で活動していたら、どんどんやる気は落ちてしまいます。

みんな仲良く、居心地のいい組織にいると、自然と楽しくなってやる気も上がりますよね。

では、どうやってそんな組織を作っていくのか?

 

 

大切なのは心


最も大切なのは自分から「誠実な関心」を周りの人に寄せる事です。「誠実な関心」とはに相手に興味を持つ事。下心はすぐに見透かされてしまいます。

「純粋な関心」は好意の表れ。人は好意を向けられると、無意識に相手に対しても好意を抱いてしまう生き物です。親友との関係を思い浮かべてみてください。いつも頭のどこかでは相手のことを考えているはずです。

まずは

・フルネーム

・生年月日

・出身

・趣味

・近況

を知るところから!慣れたらさらに踏み込んで!

自分から歩み寄って相手と仲良くなろうとする姿勢が自然と組織に伝わり、あなたを中心に組織の距離がグッと近づくはずです。メンバー全体がめちゃめちゃ仲の良い組織になったら最強ですね。

では「人」が組織の価値になる、そんな組織づくりには具体的にどんなことができるでしょうか?

 

 

具体的な行動


普段の仲の良い友達との過ごし方を思い出してみてください。

・一緒にご飯を食べたり(同じ釜の飯を食う、すっごく重要です)

・呑みに行ったり

・週末一緒に出かけたり

・誕生日は必ずお祝いしたり

しますよね?

これらはそのまま居心地の良い組織づくりに応用できます。雰囲気の良い組織は大抵これらをしています。言ってしまえば、仲のいい友達のように接するということ。

 

また、人は「他人から認めめられたい」という欲求を持っています。

メンバー同士がお互いを褒め合い、認め合える組織はとても居心地がいいですよね。

・褒める

・認める

・責任ある仕事を任せる

などの行動を通して、あなたが良い雰囲気づくりのムードメーカーになってみてはいかがでしょう

 

 

目的をすり合わせてやる気を引き出す




もう1つのやる気のある組織の要因が、「メンバーの目的と組織の方向性が一致している」でしたね。

野球をしたい人が野球チームに所属するなどです。つまり、その組織を通して自己実現ができる、意義があるという事が利益になっているのです。

自分がやりたい事と組織でできることが合致していなければ、やる気は出ませんよね?

では具体的にどのようにして、メンバーの目的と組織の方向性をすり合わせていくのでしょうか?

 

 

メンバーの動機を明確にする


やる気が無くなってしまったメンバーの主な原因は大きく分けて2つ。

・本来自分がやりたかった事と実際にしていることが一致しない

・当初とやりたい事、目的が変わった

 

ですが、解決方法はどちらも同じです。

1、メンバーのやりたい事を明確にする(所属当初の理由、好きな事、頑張りたい事、将来に役立つ事等)

2、そのメンバーのやりたい事と重なる組織の活動を優先的に任せる。

つまり、組織の活動を通して、メンバーの自己実現に役立ててもらう事です。

 

 

まとめ


人は楽しいところ、利益のあるところに集まる。

一見様々な問題が複雑に絡み合っているように見えますが、その本質はとてもシンプル。

・居心地の良い環境づくり

・メンバーの目的と組織の方向性を一致させる

この2つのことを普段意識するだけで、組織の雰囲気は劇的に変わります。是非皆さんの生活に役立ててみてください。

 

 

この記事を書いた人


   

⬜︎菊池航平(きくちこうへい)

大学4年次に中国へ1年間留学、その後休学し、現在はリモートジョブで生計を立てながら世界一周の旅をするべく奮闘中。専門は初等教育と小中高の英語教育。将来は子どもと関わりながらも教育を通してより良い社会作りに貢献するべく独学で心理学、プログラミング、経営など幅広い教養を勉強。夢は世界中の子ども達が生き生きと暮らす世界の実現!

「シェアする」ボタンを押して、
ヤル気が無いは勘違い?メンバーのヤル気を引き出す2つの方法を応援しよう!

シェア数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSでシェアすると、協賛確率がUP!

関連団体ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体をシェアする

Loading...

このニュースをシェアする

Loading...

このイベントをシェアする

Loading...

このキャンペーンをシェアする

Loading...

このページをシェアする

Loading...