学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

賢者屋 -kenjaya-

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

※運営会社の変更に同意したことと見なします。

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

メンバー募集

フリーペーパーの祭典 SFFに行ってきまして、、、前編

Penet_sycamore(ペネットシカモアー) (ファッション)

12か月前

  • 1
  • ページビュー数
    101

12月2日に開催された、学生フリーペーパーの祭典 [Student Freepaper Forum 2018] に行ってきました!

このイベントを企画、運営している学生団体は、「学生フリーペーパーを文化に」をテーマに掲げ、年に1回、フリーペーパーの祭典をしています。フリーペーパーを作ってる側としては、神イベントです。本当に。。

場所は神保町の、テラススクエアで、一階と二階に分かれていて、

一階は、有名なフリーペーパーの団体のブースと、座談会の会場になっていました!
以外にも、人がたくさんいてびっくり。。。。

二階は、いろんなフリーペーパーの団体のブースでした!

今までは、直接他団体のフリーペーパーの方達と話すことがなかったので、新鮮でした。

座談会では,

学生と「紙媒体の未来」 をテーマとして、フリペ制作に携わる3名の学生と紙媒体のプロフェッショナルの嶋 浩一郎さん(博報堂 ケトル代表)をゲストに招き、アットホームにお話ししていました。

その中で、紙の良さ、デジタルの良さ、をそれぞれ意見を交わしていて、共感することや、初めての気づきもありました。


デジタルは、自分の好きなことに特化して、調べてくれるが、
紙媒体は、自分の好奇心を発見できる。

という言葉に、ハッとしました、、、。

確かに、アマゾンなどでは、購入履歴、閲覧履歴などから、好きなものに特化したものを出してきてくれる。

紙媒体、本などは、開いて見ないと、何もわからない、ワクワクさ。。。なんとなく手にとって見て、読んで見たら面白くて全ぶ読んでしまった、、、など。

本屋もその好奇心を発見する役割だと思いました。

あの、空間の中に、いろんな知識を網羅できる、そして本屋にいるときに、目に入る情報は、膨大な量です。

その中から、買うはずもない本を買って帰る。。。

そんな、本屋が、一番のリアル本屋だと、嶋さんが語っていて、

とっても、共感したし

そんな場所が、これから減っていかないでほしいと、切に思いました。


私たちも、学生の心に好奇心を与えられるような、存在になりたいなと思いました。


また、紙媒体には、初めと終わりがある、、と聞き

、、、後編へ

「シェアする」ボタンを押して、
フリーペーパーの祭典 SFFに行ってきまして、、、前編を応援しよう!

シェア数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSでシェアすると、協賛確率がUP!

関連団体ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体をシェアする

Loading...

このニュースをシェアする

Loading...

このイベントをシェアする

Loading...

このキャンペーンをシェアする

Loading...

このページをシェアする

Loading...