学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

賢者屋 -kenjaya-

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

※運営会社の変更に同意したことと見なします。

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

コラム・記事

キョウカンセイシュウチ

Chot★Better (メディア)

11か月前

  • 0
  • ページビュー数
    93



突然ですが、あなたはどんな映画でも最初から最後まで落ち着いてみることができますか?

『リトル・ミス・サンシャイン』はすごく面白いけれど、途中ちょっときついですよね。

『セッション』なんかはなかなかしんどい!

、、、え?なんのことだかさっぱりわからないって?

おっとすみません、筆者の趣味が出てしまいました。でも、映画を知っているけれども理解できない、そんなあなたは共感性羞恥のキの字もないのでしょうね。ああうらやましい。

ん?共感性羞恥、ご存知ない?

ではここで共感性羞恥(きょうかんせいしゅうち)についてご説明しましょう。

共感性羞恥とは、他人が恥をかく、叱責される、失笑される、非難される、などの光景をみたときに、まるで自分がそれらを受けているように動揺、委縮し羞恥心を感じる現象のことです。

一説では、それを感じる人間は10人に1人の割合だとも言われています。



今回は、そんな共感性羞恥あるあるを述べていきます。自覚がなかったあなたも、これにあてはまればきっと共感性羞恥の持ち主です!

 

 

①物語の結末はあらかじめ知りたい


ネタバレなんてぜんぜんへっちゃら、むしろどんどん教えてほしい!

主人公がどこでどう失敗するのか、どういう行動をとってその結果どうなるのか、みているこっちは覚悟しておきたい

予想外のことなんて、起きなくていい。物語はただ淡々と進めばよいのです。

 

 

②TBSのモニタリングが本当にみれない


ああなんという悪い番組!人間の弱みや願望につけ込んで、ぬか喜びさせたり怖がらせたりするのです。

ドッキリと知った後のターゲットの恥ずかしさといったら、、、みているこちらが恥ずかしい。やめてあげて。

 

 

③テレビの失敗シーンは早送り


あーなんでそんなことしてしまうの、絶対失敗するのが目に見えているのに!みている側はもうたまりません。

その後の失敗が分かりきっているから、内容が手に取るように分かるから、ほんのちょっとだけ早送り

失敗したという事実さえ分かればよいのです。そんなシーン、目の当たりになんてしたくない。

 

 

④浮気シーンがみていられない


本命が!!帰ってくるよ!!!ねえ!!!!

テレビや映画の浮気シーンの8割は、直後に本命に現場を目撃されますよね(当社調べ)。

あのシーンがとっても苦手なのです。そんなところで会っていたら、見つかるに決まってるじゃない。

家に呼び込んだら、帰ってくるに決まってるじゃない。そして本命登場、修羅場の完成です。

あーあ、だから言ったのに。

 

 

⑤失敗談を聞くのは少ししんどい


「わたしこの間、駅の階段で盛大に転んじゃったんだよね~」「気になる人とデートしたんだけど、帰ってきて鏡を見たら前歯に青のりがついてたんだ」

うわうわうわうわ!やっちまったな!同情するけど、そんな話本当はあんまり聞きたくない、、、

話している本人より聞いている側の方が、恥ずかしく感じてしまうのです。

 

 

⑥幼い頃「ざわざわ森のがんこちゃん」が苦手だった


「ざわざわ森のがんこちゃん」をご存知でしょうか?

ピンクの身体に黄色いリボンの恐竜の女の子・がんこちゃんの日々の生活を通して、視聴者であるこどもたちに道徳を学ばせるNHKの教育番組です。

この番組、共感性羞恥にはとてもきつい!思えば、筆者の共感性羞恥はここから始まったのかもしれません。

子ども向け番組にもかかわらず想像以上に重い設定なのですが、それはさておき、この10~15分の話の中で毎回主人公のがんこちゃんは失敗をするわけです。

子供心にも彼女の行動は間違っているということはよく分かり、だからこそ彼女のその後をみていられない。

なんでがんこちゃんそんなことしちゃうの!のオンパレード。もう無理。早く幼稚園行きたい。



いかがだったでしょうか。

共感性羞恥のあなたも、そうでないあなたも、我々について少し知っていただけたら幸いです。

以上、筋金入りの共感性羞恥の持ち主の筆者の独断と偏見でした。悪しからず。

「シェアする」ボタンを押して、
キョウカンセイシュウチを応援しよう!

シェア数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSでシェアすると、協賛確率がUP!

関連団体ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体をシェアする

Loading...

このニュースをシェアする

Loading...

このイベントをシェアする

Loading...

このキャンペーンをシェアする

Loading...

このページをシェアする

Loading...