学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

賢者屋 -kenjaya-

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

※運営会社の変更に同意したことと見なします。

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

ブログ

【農的暮らしを始めました。】援農という地域貢献で、多摩の農家さんと交流する!

中央大学昆虫食研究会 (食/農業)

11か月前

  • 0
  • ページビュー数
    108



 

明けましておめでとうございます!

2018年はたくさんの人にお世話になりました。2019年も昆虫食をはじめとして食に関する活動をしていければと思っております!

さて、昨年は狩りの見学や動物の解体など、狩猟に関する活動を始めました。まだ狩猟免許は持っていないのですが、他大学の狩猟サークルの活動に参加させてもらっているわけです。

関連記事:【イノシシ狩りを見学!】止め刺し、解体が衝撃的すぎた。そして、猪肉は美味い。

そして最近は狩りに加えて、農業にも取り組み始めました!自分の畑は持っていませんが、多摩地域の農家さんのお手伝いというかたちでやらせてもらっています。要するに『援農』ということです。

先月は日野市と町田市の農家さんで援農体験してきましたので、その報告にお付き合いいただければと思います。

 

日野市パイロットファーム



ここは日野市にあるパイロットファームという農家さんです。

ここではアスパラガスを育てており、収穫に向けて畑の整備をお手伝いしました。

 

町田市bamboo village farm



こちらは町田市のbamboo village farmという農家さん。かなり広い農地を所有されていてびっくりしました。。

ここはそのうちの一つ、里芋畑で、里芋の収穫をさせてもらいました。

 

援農という地域貢献

援農とはいわゆるボランティアのことであり、もちろん給料は出ません。

でも、お金以上に地域の農家さんと交流できるというメリット、魅力を感じてやっております。

また、こうして援農により貢献をすることにより、その地域が少しでも盛り上がればいいなとも思っています。多摩地区で生まれた身として、縁を感じずにはいられないのです。

そういう意味では、援農ではなく『縁農』とも言えますね。

そしてぼく自身は、自給自足を達成するために自分でも農業をしていければと思います。まずは地元の多摩地区でやっていきます!

「シェアする」ボタンを押して、
【農的暮らしを始めました。】援農という地域貢献で、多摩の農家さんと交流する!を応援しよう!

シェア数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSでシェアすると、協賛確率がUP!

関連団体ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体をシェアする

Loading...

このニュースをシェアする

Loading...

このイベントをシェアする

Loading...

このキャンペーンをシェアする

Loading...

このページをシェアする

Loading...