学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

賢者屋 -kenjaya-

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

※運営会社の変更に同意したことと見なします。

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

役立ち情報

【必見】食べるだけで健康になる自然サプリ!アーモンドの効果が侮れない

ライターの集い (メディア)

11か月前

  • 0
  • ページビュー数
    220



みなさんナッツは好きですか?
良くナッツは体に良いと言われていますが、アーモンド、カシューナッツ、ヘーゼルナッツなど沢山あります。どのナッツがどのように体にいいのか知らない人が多いのではないでしょうか。
今回はナッツの中でもダントツでバランスの良い栄養素をもつアーモンドについてご紹介します。

 

もくじ

1.アーモンドに含まれる栄養素
2.注目される栄養素ビタミンE
3.ダイエットに効く良質な脂質
4.アーモンドを食べることで期待できる効果
5.アーモンドの適量・選ぶ上での注意点

 

1.アーモンドに含まれる栄養素(100gあたり)


(成人女性の目標摂取量)
《ビタミン》
ビタミンE…31.2mg( 6.0 mg)
ビタミンB2….0.92mg( 1.2mg)
ナイアシン…3.5mg( 11mg)
葉酸…63μg ( 240μg)

《ミネラル》
カルシウム…230mg(650mg)
マグネシウム…310mg( 270mg)
亜鉛…4.0mg( 8.0mg)
鉄…4.7mg( 6.0 mg)※月経時は10.5mg
銅…1.35mg( 0.8mg)

《エネルギー》
タンパク質…18.6mg( 50mg)
食物繊維…10.4mg( 18mg)
良質な脂質…50g(20~30g)

 

 

2.注目される栄養素ビタミンE

○アーモンドに含まれるビタミンE
アーモンドにはトコフェロール(ビタミンE)が豊富で、100gあたり約31.2mgも含まれています。
成人女性のビタミンE 目標摂取量 6.0mgですので、アーモンドに含まれる成分がいかに高いかが分かります。

○ビタミンEの効果
脂溶性ビタミンであるビタミンEは、抗酸化作用の働きを持っており、体内の脂質が酸化するのを防ぎ体を守ってくれます。
特にビタミンA・ビタミンE・ビタミンCは、抗酸化作用が強いビタミンで、組み合わせて食べることで更なるいい効果が期待できます。

○ビタミンEが多く含まれる食品
ヘーゼルナッツ…19.0mg
ひまわりの種…12.6mg
ピスタチオ…4.0mg
くるみ…3.6mg
ナッツ以外にも、魚介類や野菜にも含まれています。(比較してみてもいかにアーモンドの31.2mgが豊富か分かりますね。)

 

3.ダイエットに効く良質な脂質



でもナッツで油分多いから太るんじゃない?と思う方も多いかもしれません。確かに脂質の割合が50%と高い為、アーモンドは高カロリーです。ですがダイエットを気にしている方は逆に食べるべきなんです!実はこの良質な脂質がダイエット効果もあり、健康にもいい効果を発揮してくれます。

・アーモンドの脂質の脂肪酸はほとんどが不飽和脂肪酸
・血中の中性脂肪やコレステロールのコントロールを助ける働きがある
・脂肪酸の約3分の2を占めるオレイン酸の効果により血液中の悪玉コレステロールを下げて善玉コレステロールを維持する
・小腹が減った時に食べると腹持ちがいい
・ダイエット中おやつが食べたい時に我慢せず食べられる

 

4.アーモンドを食べることで期待できる効果

・血行を良くする働きがある
→血行障害からくる肩こり頭痛 冷え
・肌を若々しく健康に保つ
→アンチエイジング効果が期待できる
・抗酸化作用による効果
→生活習慣病などの疾患を予防する
→血液中のコレステロールの酸化による動脈硬化を予防する
・老化防止になる
→抗酸化作用により細胞膜が酸化することで起こる老化を防止する
・便秘解消
→食物繊維を多く含んでいるので便秘を予防できる

美容に健康について様々な効果が期待されています。動脈硬化や生活習慣病は若いうちから気にしておくことで、高齢になった時にリスクを下げられるので『まだ健康を気にするような歳じゃないよ!』という人も今から始めておく価値はあります。
また、カルシウム・マグネシウム・タンパク質など、子どもの成長には欠かせない成分も多く含んでいるので、育ち盛りのお子さんにも食べさせたいですね!

 

5.アーモンドの適量・選ぶ上での注意点

○適量はどのくらい?
アーモンドの適量は30gです。手に載せるとだいたい手のひらいっぱい分くらいです。ひなみにアーモンドは1粒1~1.5gなので、手のひらいっぱいがアバウト過ぎるの思う人は、手で数えて20粒前後食べるのもいいかもしれませんね。
いくら体にいいアーモンドでも、1粒6~10kcalあるので食べすぎてしまっては、脂質の取りすぎでカロリーも多く摂取してしまうので注意が必要です。

○アーモンドを選ぶ上での注意点
アーモンドはスーパーやコンビニなどで気軽に手に入れることができますね。ですが、中には油で揚げたものや、塩がたくさんついているものがあります。
アーモンドを初めとするナッツはお酒との相性も良く、そのため塩辛い味付けにされたおつまみ用のものが売られていることが多いのです。ですが、せっかくのいい成分を摂取するつもりで食べていても、酸化した油や、必要以上の塩分を一緒に摂取してしまっては本末転倒ですね。
アーモンドを購入するときには、必ず『素焼き』のものを選ぶようにしましょう。

 

今回はアーモンドの効果について詳しく説明してみました。筆者もアーモンドを間食に20粒ほど食べています。食物繊維を豊富に含むため便通もよくなりお肌の調子もいい気がします!笑
みなさんもぜひ食べるだけで健康になる自然サプリのアーモンドを食べて健康を実感してみてください。

 

「シェアする」ボタンを押して、
【必見】食べるだけで健康になる自然サプリ!アーモンドの効果が侮れないを応援しよう!

シェア数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSでシェアすると、協賛確率がUP!

関連団体ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体をシェアする

Loading...

このニュースをシェアする

Loading...

このイベントをシェアする

Loading...

このキャンペーンをシェアする

Loading...

このページをシェアする

Loading...