学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

賢者屋 -kenjaya-

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

※運営会社の変更に同意したことと見なします。

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

コラム・記事

【イノシシを狩りを見学!】止め刺し、解体が衝撃的すぎた。そして、猪肉は美味い。

中央大学昆虫食研究会 (食/農業)

11か月前

  • 0
  • ページビュー数
    649



 

今回は昆虫食の話とは少しはずれて、狩りの見学をさせてもらった体験レポートになります。

狩った動物はイノシシ。あと数日で猪年になるというのに、まさかリアル猪を狩ることになるとは思いもしませんでした。人生ってなにが起こるか分かりませんねほんと。

同行させてもらったのは、東京大学狩人の会というサークルの活動です。名前の通り、狩猟を中心とした活動をしている団体です。いかつい。

 

狩りの拠点

狩人の会は、千葉県の君津市という場所に拠点をもって活動しています。空き家を格安で借りたんだとか。

千葉県の中でもだいぶ南のほうなので、自然も動物もたくさんいます。

スコットランド, 風景, 山, 丘, 風光明媚な, 日没, 国, 農村, 高原

※画像はイメージです

※イメージかい

 

罠にかかるイノシシ

ぼくが同行した日は、なんと2頭のイノシシが罠にかかっておりました。

FullSizeRender

そのうちの1頭。30~40kgくらいで小さめらしいです。

それでもけっこう迫力があり、少し恐怖も感じました。こんなのに森で出会ったらもうあかんて。

 

止め刺しの迫力

当然のごとく、この箱に入ったイノシシを殺める必要があります。

当たり前のことなんだけど、いざそれを目の当たりにすると思うと動揺を覚えたのも事実です。

とどめを刺すことを「止め刺し」というのですが、その方法はいろいろあります。今回は電気ショックで気絶させ、そのあと喉元にナイフをいれるという方法をとりました。

電気ショックの迫力は本当にすごかった。この大きな獣が瞬時に動かなくなるんですから。。

 

いざ、解体

無事に止め刺しを終え血抜きをしたら、いよいよ解体です。

これは免許がなくてもできるので、ぼくも体験させてもらいました。

FullSizeRender

解体して部位ごとにまとめたものがこんな感じ。

1頭のイノシシから、すごい量の肉塊がとれました。。イノシシ1頭狩ればしばらく生きていける。

これらは鍋や焼肉、角煮にしましたが、超絶品でした。ジビエ肉は臭いみたいなイメージは完全に払しょくされます。

 

食べるために

別にぼくは「食育が~」とか、「命をいただく~」とか言うつもりはないですが、目の前で命のやりとりがおこなわれている光景は衝撃的でしたし、肉が生き物であるという当たり前のことに気づかされました。

そしてなにより、とれたての猪肉はめちゃめちゃ美味でした。自分でとった生き物を食べるってやっぱり最高。結局、食に携わることが好きなんだなと改めて気づいた狩りになりました。

 

「シェアする」ボタンを押して、
【イノシシを狩りを見学!】止め刺し、解体が衝撃的すぎた。そして、猪肉は美味い。を応援しよう!

シェア数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSでシェアすると、協賛確率がUP!

関連団体ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体をシェアする

Loading...

このニュースをシェアする

Loading...

このイベントをシェアする

Loading...

このキャンペーンをシェアする

Loading...

このページをシェアする

Loading...